過払い金返還請求の手続の流れ

(1)契約後その日のうちに債権者に受任通知書を発送
   受任通知が届けば、業者からの請求(取立て)が止まります。
   矢印
(2)債務の調査
   弁護士がこれまでの取引経過を取寄せます(1週間から1ヶ月程度)。
   矢印
(3)債務の確定
   利息制限法に基づき、正しい借金の額(債務額)を計算し直します(引き直し計算)。
   矢印
(4)引き直し計算により、過払い金が発生していれば、債権者に請求し、交渉します。
   矢印
(5)交渉が成立すれば、過払い金の返還を受けます。
   交渉がまとまらない場合は、過払い金返還請求訴訟を起こします。
   矢印
(6)和解がまとまれば、期日を定めて過払い金の返還を受けます。
   和解がまとまらなければ、判決を待ちます。

 

※業者によっては、取引当初からの明細を出してこない、又は過払い金の返還に同意しないことがあります。

そのような場合は、過払い金返還請求訴訟(正式には、不当利得返還請求訴訟といいます。)を起こし、裁判で争うことになります。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら