個人再生手続で、マイホームを維持できた事例

自身の病気が原因で、住宅ローンを滞納してしまったケースです。
高校進学を控えた子どもが1人おり、家族のためにとご相談にいらっしゃいました。

以前から消費者金融からの借り入れは2社だけでしたが、夫婦が同時期に病気になり、
入退院を繰り返すうちに住宅ローンの滞納が続いてしまいました。

結局、住宅ローン特則付の個人再生手続を申し立てることで、住宅ローンの遅れについて、
もう一度約定通りに支払うという結果に落ち着きました。

また、住宅ローン債権者以外の消費者金融からの借入については、いずれも過払いになっていたことから、訴訟を提起するなどして、総額で200万円以上の過払い金を回収して、住宅ローンの延滞していた部分に充当することができました

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら