弁護士費用

    

 

相談料 初回30分無料

 相談料  初回30分無料(以降30分5000円)

 相談受付

 電話 048-940-3971
 【平日9:00~18:00・土曜10:00~18:00

 Web(メール) 24時間受付中

 

※1  電話でお問い合わせの際は、「スマホ・PCからHPを見て初めて連絡しました、○○です。」とお伝えください。
※2  受付時は相談の概要のみお伺いします。詳細は相談時に弁護士がお伺いし、相談者様に最適な債務整理の方法を提案させていただきます。

 

 アクセス良好
 二路線利用可 駅徒歩3分
 完全個室
 完全予約制
 キッズルーム完備
 お子様連れ可
 弁護士7名体制
 女性弁護士も在籍

 

自己破産

   料金 30万8000円(税込)
  ※ご契約時に総額の内1万円を頂戴します。
  ※別途事務手数料として5500円を頂戴します。

 お支払方法  分割払可

 

 契約時 1万円  残金(分割払可) 裁判所に支払う手続費用
~破産手続にかかる費用の総額~

 

※1 上記料金は、個人のお客様(事業はしていない)の場合の基本料金です。
個人事業主の方につきましては、追加料金5万5000円(税込)~で承ります。
※2 裁判所に支払う手続費用(予納金など)は弁護士費用とは別に必要になります。
※3 事案の内容及び複雑さによって、上記基本料金は増額する可能性がございます。
※4   過払い金が発生した場合については、こちら

 


 

 

個人再生

   料金 30万8000円(税込)
  ※ご契約時に総額の内1万円を頂戴します。
  ※別途事務手数料として5500円を頂戴します。

 お支払方法  分割払可

 

 契約時 1万円  残金(分割払可) 裁判所に支払う手続費用
~再生手続にかかる費用の総額~

 

 

※1 上記料金は、事業をされていなかったお客様の場合の基本料金です。
住宅ローン特則を利用される場合、追加料金11万円(税込)~で承ります。
*参考 住宅ローン特則とは?
※2 裁判所に支払う手続費用(予納金など)は弁護士費用とは別に必要になります。
※3 債権者が5社を超える場合、1社あたり1万1000円(税込)加算となります。
※4   過払い金が発生した場合については、こちら

 


 

 

任意整理

  料金 1社 4万4000円(税込)
  ※ご契約時に総額の内1万円を頂戴します。
  ※消費者金融・クレジット会社の場合の料金です(闇金を除く☆)。

 お支払方法  分割払可

 

※1 高利業者(闇金)の場合:1社 2万2000円(税込)
  お支払は、【一括払い】のみ承ります。 
※2 1社100万円以上の債権者の場合、抵当権等の担保権が設定されている場合、判決等を有する場合等は、1社あたり1万1000円~4万4000円(税込)の範囲内で加算することがございます。

※3 過払い金が発生した場合は、こちら

 

 

任意整理のご相談後、時効が完成していることが判明した事例

 依頼者Dさん(給与所得者)は、業者Eさんから、過去に借り入れしたキャッシングの返済(総額150万円)を催促する内容のハガキを受け取りました。

 Dさんは、契約通りの返済は難しいと判断し、任意整理することにしました。

 弁護士に任意整理の相談をしたところ、業者Eからの借入については、長期間返済をしておらず、業者から請求されることもなかったため、(消滅)時効が完成している可能性が高いことが分かりました。

 この場合、消滅時効を援用することで、借入れの債務が消滅する可能性があります。

 上記ような場合の弁護士費用は…

 1社 3万3000円(税込)でご依頼が可能です。

 

過払い金請求

 着手金  0円 ※1

 報酬金

 回収した過払い金の22%(税込)

 ※訴訟により回収した場合は、27.5%(税込)となります。

 お支払方法  分割払可

 ※ 1 借金の返済が完了している方が対象です。借金がある方は、下記をご参考ください。

 

 債務整理を弁護士に依頼した後、過払い金が判明した場合

 料金

 回収した過払い金の22%(税込)

 ※訴訟により回収した場合は、27.5%(税込)となります。

 + 契約時の債務整理の料金

 

 

債務整理(任意整理)で契約した後、過払い金請求に切り替えた事例

 依頼者Aさん(給与所得者)は、2つの業者からキャッシングで借り入れをしていました。内容は次の通りです。


B社:ご依頼時借入残高 50万円
 C社:         25万円

※いずれも20年以上前からの借入れで、これまで借りては返してを繰り返していました。


 「任意整理」の方針で当事務所弁護士が介入、調査したところ、B社C社いずれも高い利率で契約しており、利息を返しすぎていた状態=過払い金があるということが判明しました。

B社:過払い金 40万円
C社:     15万円

 そこで、過払い金の返還請求を行い、同額を回収できました。


 上記のような場合の弁護士費用は…

 過払い金回収金額から、回収金額の22%(税込)+契約時の弁護士費用(任意整理の場合は1社4万4000円×2)を手数料として頂戴し、差し引いた金額をお客様へお返しすることができます。

 ※但し、訴訟で回収した場合の手数料は、27.5%(税込)となります。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら