埼玉弁護士会越谷支部所属 埼玉・越谷の弁護士による債務整理相談 埼玉東部(越谷・春日部・草加・三郷・吉川・川口)の自己破産・個人再生・任意整理・過払い金請求に関するご相談は弁護士法人江原総合法律事務所まで

メールでのお問い合わせはこちら お気軽にご相談ください。 TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00~22:00 土曜10:00~18:00
借金問題は、実績豊富な弁護士に相談を 新しい人sネイをスタートさせるために。借金問題は解決できます。 弁護士法人 江原総合法律事務所
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 過払い金

越谷で借金でお困りの方は弁護士法人江原総合法律事務所まで

集合写真

本サイトは、越谷を中心に埼玉県に在住の皆様に、債務整理・自己破産・過払いの知識をご提供することを目的に、弁護士法人 江原総合法律事務所(埼玉県越谷市)が運営しております。

近時、債務整理・自己破産については誤った情報も多数氾濫しており、そのために行動に移すのをためらわれる方も多くおられるようです。

本サイトを通じて、埼玉県在住の皆様に、債務整理・自己破産に関する情報をご提供し、一人でも多くの方に、いち早く再スタートをきって頂ければ幸いです。

債務整理診断

フローチャート
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理
無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

江原総合法律事務所の解決実績例

Case 1

過払い金請求

30代男性
会社員

過払い金請求で550万円が戻ってきた例

借金総額 340万円
債権者数 6社

借金0円(完済)

550万円 過払い金回収

Case 2

自己破産

30代男性
会社員

借入原因がギャンブルで免責許可を獲得できた例

整理方法 自己破産
借金総額 約500万円
借入原因 ギャンブル、生活費の不足

借金0円(免除)

ギャンブルを原因とした借入れなど免責不許可の事由がある場合でも、自己破産の申立を行い免責を得て、借金を無くすことができました。

Case 3

個人再生

40代男性
会社員

病気で減収し生活苦…

個人再生手続で住宅を残せた例

整理方法 個人再生
借金総額 約600万円(住宅ローン除く)
借入原因 減収による生活費の不足

借金120万円

(住宅ローン除く)

債務の返済が苦しくなった場合でも、個人再生の手続を利用することで、住宅ローン付き住宅を維持しつつ、借金を圧縮することができました。

Case 4

任意整理

20代男性
アルバイト

任意整理を行い長期分割で和解した例

借金総額 300万円
借入原因 投資詐欺
債権者数 7社

依頼者の希望する原資の範囲内かつ

5年程度の長期分割で和解

弁護士が依頼者に代わってサラ金業者と交渉することで、これ以上の利息が増えることなく、長期分割返済で和解を成立させることができました。

その他解決実績はこちら

代表メッセージ

越谷を中心に、埼玉に在住の皆様へ。債務整理で必ず解決できます!

・あす支払日だけどお金がない。
・催促の電話がかかってきたらどうしよう。
・取立に来られたらどうしよう。
・夜も寝られない。

あなたの状況にあった債務整理、解決方法をとれば、必ず借金問題は解決できます。たとえば、破産の申立、民事再生(個人再生)の申立、特定調停の申立、さらに債権者と直接交渉して借金を整理する(任意整理)などです。過払い金があれば返してもらうこともできます。まず、弁護士に依頼すれば、取立てが止まります。そして、あなたに合った方法で生活を再建することができます。

  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら

債務整理診断

フロートチャート図
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 任意整理

江原総合法律事務所の解決実績例

Case 1

過払い金請求で550万円が戻ってきた例

過払い金請求

30代男性
会社員

借金総額 340万円
債権者数 6社

借金0円(完済)

550万円 過払い金回収

Case 2

借入原因がギャンブルで免責許可を獲得できた例

自己破産

30代男性
会社員

整理方法 自己破産
借金総額 約500万円
借入原因 ギャンブル、生活費の不足

借金0円(免除)

ギャンブルを原因とした借入れなど免責不許可の事由がある場合でも、自己破産の申立を行い免責を得て、借金を無くすことができました。

Case 3

病気で減収し生活苦…
個人再生手続で住宅を残せた例

個人再生

40代男性
会社員

整理方法 個人再生
借金総額 約600万円(住宅ローン除く)
借入原因 減収による生活費の不足

借金120万円

(住宅ローン除く)

債務の返済が苦しくなった場合でも、個人再生の手続を利用することで、住宅ローン付き住宅を維持しつつ、借金を圧縮することができました。

Case 4

任意整理を行い長期分割で和解した例

任意整理

20代男性
アルバイト

借金総額 300万円
借入原因 投資詐欺
債権者数 7社

依頼者の希望する原資の範囲内かつ

5年程度の長期分割で和解

弁護士が依頼者に代わってサラ金業者と交渉することで、これ以上の利息が増えることなく、長期分割返済で和解を成立させることができました。

その他解決実績はこちら

借金でお悩みの方へ

借金問題は、人によって借金の金額はもちろん、借りた貸金業者も違います。また、借りた年数や利息、収入や資産も違います。そのため、借金問題を解決するためには、あなたの経済的な状況に応じて、正しい債務整理の方法を選ばなければなりません。 借金問題の解決方法には、大きく分けて、①自己破産、②個人再生、③任意整理という方法があります。また、借金をした時期や期間、利率によっては、④過払い金が発生していることもあります。この場合には、借金の額を減らしたり、反対に払い過ぎたお金を業者から取り戻せたりする可能性があります。

自己破産

自己破産とは、借金が支払えなくなった人が、自ら裁判所に破産の申立てをすることをいいます。ボーナスカットやリストラ、病気による退職などで、思わぬ事態が起こる可能性は誰にでもあります。住宅ローンや子どもの養育費などの補填、ギャンブルなどで金融機関から借金を繰り返し、どんどん膨らんでしまっている方もいるでしょう。
自己破産手続は、裁判所が中心となって、生活に重要な一定の財産を除く高価な財産を債権者全員に公平に分配すると同時に、破産を申し立てた方の借金をゼロにして、破産を申し立てた方に、生活の再建と建て直しのチャンスを与えるという法律で認められた方法です。
>>詳しくはこちら

個人再生

個人再生とは、借金の返済が難しくなった債務者の生活を立て直す援助制度です。
個人再生は、従来の自己破産と任意整理との中間的な債務整理方法です。個人再生をすると、一定の要件のもとで、利息制限法の修正以上に債務を減額し、分割払いにすることができます。
自己破産は負債を免除する(免責)制度、任意整理は利息制限法による修正のみ加えて債務を減額し分割払する制度であるのに対し、個人再生は、全額の免責まではしないものの、利息制限法による修正を超えて債務を減額し分割払する制度です。
ゆえに、自己破産と任意整理の中間に位置するものといえます。
>>詳しくはこちら

任意整理

任意整理とは、弁護士があなたに代わって、サラ金業者と交渉して、借金を減らすなどし無利息で借金を返済していく手続きです。
任意整理では一部の借金だけを整理できますので、例えばクレジットカードとサラ金から借り入れがあり、サラ金だけを任意整理するということが可能になります。
また、裁判所を利用しない手続きですので、国の記録として残ることもありませんし、人に知られずに手続を進めることができます。
>>詳しくはこちら

過払い金

過払い金とは、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことです。
消費者金融等の貸金業者が定める利率と利息制限法の利率に大きな開きがあるため、過払い金が発生します。
>>詳しくはこちら

代表メッセージ

埼玉・越谷の皆様へ。債務整理で必ず解決できます!

・あす支払日だけどお金がない。
・催促の電話がかかってきたらどうしよう。
・取立に来られたらどうしよう。
・夜も寝られない。

あなたの状況にあった債務整理、解決方法をとれば、必ず借金問題は解決できます。たとえば、破産の申立、民事再生(個人再生)の申立、特定調停の申立、さらに債権者と直接交渉して借金を整理する(任意整理)などです。過払い金があれば返してもらうこともできます。まず、弁護士に依頼すれば、取立てが止まります。
そして、あなたに合った方法で生活を再建することができます。

弁護士法人江原総合法律事務所 代表弁護士 江原智(埼玉弁護士会越谷支部所属)

新型コロナウイルスの影響により、経済的困難を抱えた会社・個人の方へ

新型コロナウイルスによる感染拡大防止の施策の影響により、収入が減って借入れを余儀なくされるなど、経済的に困難な状況にいらっしゃる方も少なくないと思います。
 そこで、弊所では、少なくとも緊急事態宣言が継続している間、電話やテレビ会議を利用した債務に関する無料相談を実施いたします。
  
債務により生活を圧迫されている方は、まずは下記代表電話までお電話ください。

  048ー940ー3971  

なお、テレワークの実施等により、弊所の対応人数に限りがございますので、本無料相談の受付は、以下のいずれかに該当する方に限らせていただきます。
1.埼玉県にお住まいの方
2.埼玉県内の会社に勤務している方
3.埼玉県内にて事業を営んでいる会社様
また、ご相談の時間は、原則として10時から18時までとさせていただきます(夜間相談は、原則としてできません。)。

何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

アクセス

       

弁護士法人江原総合法律事務所

アクセスはこちら