過払い

過払い金とは

過払い金とは、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことです。
 

消費者金融等の貸金業者が定める利率と利息制限法の利率に大きな開きがあるため、過払い金が発生します。
 

消費者金融等の貸金業者の大半は、出資法の上限利率である29.2%すれすれで貸付をおこなっていましたが、利息制限法では上限利率を以下のように定めています。 
 

元本 金利
10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

 

貸金業者が利息制限法の上限利率を守らないのは、出資法を越えた利率で貸付けをおこなうと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を越えた利率で貸付けをおこなっても罰せられることがないからです。
 

この結果、出資法すれすれの利率で貸付けがおこなわれていた場合、それよりも低い利率である利息制限法で引直計算をすると過払い金が発生することがあります。
 

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら