再生

個人再生とは

個人再生とは、借金の返済が難しくなった債務者の生活を立て直す援助制度です。

個人再生は、従来の自己破産と任意整理との中間的な債務整理方法です。

個人再生をすると、一定の要件のもとで、利息制限法の修正以上に債務を減額し、分割払いにすることができます。
自己破産は負債を免除する(免責)制度、任意整理は利息制限法による修正のみ加えて債務を減額し分割払する制度であるのに対し、個人再生は、全額の免責まではしないものの、利息制限法による修正を超えて債務を減額し分割払する制度です。

 

ゆえに、自己破産と任意整理の中間に位置するものといえます。

 

また、個人再生では負債が全額は免責にはならない反面、基本的に自宅を含めた財産を処分する必要はありませんし、借金を重ねた理由もそれほど問われません。

返済案に関しては、裁判所を通して提示されるため、たとえ一部の業者が反対したとしても、他の多くの債権者が反対しなければ、その案が通ることになります。もっとも、その一部の業者の債権額が全債権額の過半数をこえる場合を除きます。

また、多くの債権者が反対しても一定の要件を満たせば計画案を通すことのできる手続(給与所得者等再生)も存在します。

住宅ローンがある場合、住宅ローン以外の借入については、原則として負債の総額に応じて以下のように負債が減額されます(但し、支払い総額以上の資産が無いことが前提です)。
 

1) 住宅ローン以外は原則として5分の1になる。(最低弁済額100万円)

 

2)ただし、総額が1500万円以上3000万円以下の場合は5分の1ではなく300万円まで減額され、
    3000万円以上5000万円以下の場合は10分の1に減額される。

 

個人再生を適用することで、実現可能な範囲での再建が可能になります。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら