多額の換金行為がある場合でも免責許可となった事例

男性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 70代男性
地域 埼玉県(さいたま市・大宮・その他)
借金の理由 投資(ロトシックスなど)
職業 自営業
借金総額 約700万円
債務整理後 0円(借金免除)

事案の概要

購入品の写真

Aさんは、投資による損失の穴埋めのため、カードで購入した物品を換金して多額の負債を抱えました。

免責についての結論

破産管財人が面談する様子

Aさんは、2年近くにわたり、換金を繰り返していました。回数は数十回、金額は数百万円になっていました。当初、裁判所及び破産管財人からは、免責は厳しいとの見解を示されていました。そこで、債権者集会を続行し、換金の経緯、その理由及び状況を説明する報告書を5回以上提出したところ、最終的に、裁量による免責が相当とのことで、裁判所から免責許可決定がだされました。

解決のポイント

多額の換金行為のあるケースでも、経緯や背景事情を丁寧に説明することで、免責許可決定がなされる可能性があります。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00