ギャンブルと浪費がある場合で免責が認められた例

男性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 40代男性
地域 埼玉県(春日部市・杉戸町・三郷市)
借金の理由 ギャンブル・浪費
借入先の数 10社 
借金総額 約1000万円 
債務整理後 0円(借金免除)

 

事案の概要

ギャンブルを行う男の様子 

 Aさんは、実家の不動産業を継ぎ働き始めましたが、ギャンブルや車関係の趣味にお金をかけるようになり、生活費を借入に頼るようになりました。税金も滞納するようになりましたが、生活を改善することは出来ませんでした。やがて返済が困難になり、不動産を売却し、そのお金で生活を立て直そうとしましたが、その時点では、膨らんでいた負債は返済しきれませんでした。

 そこで、弁護士に、借入先に対する返済の示談交渉を相談しましたが、当時持病があり入退院を繰り返すなどして、安定した収入を得られず、返済することができなくなり、弁護士に自己破産手続を依頼しました。

解決に至るまで

破産に至る経緯を詳しく伺う様子

 Aさんの体調、収入状況からすると生活保護相当でしたので、生活保護を受給するとともに、破産に至る経緯を詳しく伺いながら自己破産の申立を行いました。

解決のポイント

 破産に至る経緯のうち、特に多数所有していた不動産の売却と、購入と売却を繰り返した自動車等については、重要なポイントですので、時系列で事実関係の一覧を整理し、それの裏付けとなる資料を作成し、裁判所及び管財人に提出し、詳細に説明しました。

 もともと多額の資産を有していた方が、その後、ギャンブル等でお金を費消してしまったという事案のため、管財人のチェックは厳しいものがありましたが、最終的には、免責許可を得ることが出来ました。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00