ギャンブル・浪費・換金行為があった場合で自己破産・免責されたケース

男性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 40代男性
地域 埼玉県(越谷市・吉川市・松伏町)
借金の理由 住宅ローン、ギャンブル、生活費
借入先の数 7社 
借金総額 約3500万円 
債務整理後 0円(借金免除)

 

事案の概要

パチンコスロットに没頭する様子 

  Aさんは、仕事上のストレスからギャンブルをするようになってしまい、ギャンブルで不足した生活費を補うために借入をしました。

長年ギャンブルを辞めることができず、借り入れを繰り返していた結果、キャッシングの枠がなくなり、クレジットカードで購入したものを換金して生活費を捻出しておりましたが、クレジットカードの利用枠もなくなり、収入に対して返済が大きくなりすぎたため、当事務所へご相談に来られました。

解決に至るまで

破産管財人が調査をする様子

 管財人よりギャンブル、換金行為についての調査が行われましたが、積極的に調査に協力しました。

不動産については、競売により売却され、債権者に対し簡易配当がなされました。

破産申立て以降、倹約を務め収支の見直しを図り、毎月家計状況の提出を行った結果、Aさんの努力を認めてもらうことができ、免責許可となりました。

解決のポイント

  管財人の調査に積極的に協力し、ギャンブル・換金行為について深く反省していること、生活の改善を認めてもらうことができた結果、免責の許可を認めてもらうことができました。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00