元夫の連帯保証人となったケースで免責が認められた案件

女性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 60代女性(パート)
地域 埼玉県(川口市・草加市・八潮市)
借金の理由 夫の連帯保証
借入先の数 2社
借金総額 3000万円
債務整理後 0円(借金免除)

事案の概要

連帯保証人にサインする様子

Aさんは元夫の借入の連帯保証人となっていました。

元夫と離婚した後も、毎月少額を返済していましたが、Aさんが転職したことで返済できる金額も減ってしまい、また、年齢的にも今後の収入が増加する見込みがなかったことから、破産をすることになりました。

解決

弁護士と面談をする女性の様子

弁護士が話をうかがったところ、Aさんには、50万円以上の財産があったため、管財事件として事件は進行しました。

また、Aさんは破産直前に親族に一部のお金を渡してしまっていたため、破産管財人に回収(否認)される可能性がありました。そこで、破産申立の前に親族からお金を返してもらい、手元の預貯金として残すことにより、結果としてAさんに多くのお金を残すことができました。

Aさんには特に免責不許可事由はなかったため、無事、免責許可決定がなされました。

解決のポイント

自己破産により保証債務を解消できたこと

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00