浪費・換金行為等がありながら免責が認められた事案

男性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 40代男性
地域 埼玉県(越谷市・吉川市・松伏町)
借金の理由 浪費、換金行為等
職業 契約社員
借金総額 約500万円
債務整理後 0円(借金免除)

事案の概要

ガールズバーでお酒を飲む写真

Aさんは、仕事のストレスを解消するためにガールズバーに頻繁に行くようになりました。当初は収入の範囲内で行っていましたが、勤務先の都合で給与が大幅に下がった後もガールズバーに行く回数や使う金額を変えられず、借金が膨らんでいきました。

また、キャッシングの与信枠がなくなった後は、クレジットカードで購入した商品を売却して換金し、換金の総額は400万円近くに上っていました。

最終的に借金の支払いが困難となったため、当事務所に自己破産の相談にいらっしゃいました。

免責についての結論

破産管財人が調査をする様子

上記のように、本件では、収入が下がったのに生活レベルを落とせず借金を重ねてまでガールズバーに通ってしまったこと、多額の換金行為を行っているなど、複数の免責不許可事由が存在していました。

破産管財人による免責調査が行われましたが、結論としては、本人が借金を重ねてしまったことを深く反省し、現在は収入の範囲内で生活していること、破産管財人の調査に協力したことなどから、破産管財人から免責相当の意見が出され、裁判所も免責を許可しました。

解決のポイント

浪費や換金などの複数の免責不許可事由がある場合でも、真摯な反省を示し、破産管財人の調査にも誠実に協力することで、免責が認められる可能性があります。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00