いわゆるブラックリストとは何か?

「債務整理を行うと、ブラックリストに登録される」といわれることがあります。

 

金融業界において、ブラックリストという名称のリスト自体は存在するわけではなく、「信用情報機関に事故情報が登録されること」を指して俗にブラックリストと呼ばれると理解しておいたほうがよいでしょう。

 

ここにいう、「信用情報機関」とは、個人の信用情報(クレジットカードやキャッシングの契約状況、借入・返済などの取引情報)を管理する機関であり、日本には以下の3つが存在します。

 

 

① CIC(株式会社シー・アイ・シー)

 割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業が登録している信用情報機関

 

② JICC(株式会社日本信用情報機構)

 消費者金融などの貸金業者や、保証会社が多く登録している信用情報機関

 

③ 全銀協(JBA、一般社団法人全国銀行協会)

 銀行や信用組合、農協などが多く登録している信用情報機関

 

どのような情報が信用情報機関に登録されるかは、それぞれの信用情報機関によって、異なります。ただし、いずれの機関においても、「一定期間返済が滞る」、「債務整理が開始される」などすると、その事実が「事故情報」として登録されるでしょう。

 

もっとも、弁護士に依頼する時点では、通常「返済を滞納している」、「支払を遅滞している」状態にあることがほとんどです。この返済の滞納や、支払の遅滞は、それ自体、事故情報として扱われることが一般です。そのため、債務整理の依頼を受けた弁護士による受任通知の送付によってはじめて事故情報に登録されるというケースは多くないといえます。

 

事故情報の登録期間中は、新規にローンを組むこと、クレジットカードを作ること、お金を借りることなど一定の行為が制限されます。これらの事故情報は、各機関にもよりますが、概ね少なくとも5~10年程度登録されるといわれています。

 

債務整理した場合、手続毎で扱いは異なりますが、通常は手続終了後、上記期間を経過するなど一定の条件が整えば、信用情報は回復するといわれています。

 

なお、完済した後に過払い金返還請求手続をとる場合には、事故情報として登録されることはないとされています。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら