収入減少により返済が困難となったケースで自己破産した事案

女性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 30代女性
地域 埼玉県(越谷市・吉川市・松伏町)
借金の理由 住宅ローン
借入先の数 3社
借金総額 約720万円
債務整理後 0円(借金免除)

 

事案の概要

弁護士に相談する依頼者の様子

Aさんは、自分が住むマンションを購入し、銀行から約3000万円を借りて住宅ローンを組みました。会社員として安定した給与がありましたので数年は問題なく返済できていましたが、その後精神的な疾患にかかり、今までどおり働くことができなくなりました。

収入減少により住宅ローンが払えなくなってしまったので、マンションを売却しましたが住宅ローンは完済することができず、残った借金の相談に当事務所へ来られました。

 

解決に至るまで

 Aさんの借金は上記住宅ローン、リフォームローンおよび奨学金3社のみで免責不許可となる事由はありませんでしたが、地道に支払ってきた生命保険や預金などの資産がありましたので、管財事件として自己破産の申立てすることにしました (※同時廃止と管財)。

 自己破産の申立て後、上記生命保険等の資産は、99万円相当額がAさんの自由財産として認められ、Aさんは資産を残しつつ、無事に免責となりました。

 

解決のポイント

 ・一部の資産を残しつつ、免責が認められたこと

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00