取引先の倒産が引き金となり破産した事例

男性の図

債務整理の方法 自己破産
属性 50代男性
地域 埼玉県(春日部市・杉戸町・三郷市)
借金の理由 事業資金の連帯保証
借入先の数 30社
借金総額 約1億5000万円
債務整理後 0円(借金免除)

 

事案の概要

会社経営者の写真

Aさんは50年以上も続く企業の代表となり、経営努力を重ねながら売上を伸ばしていました。

ところが、主要な取引先が次々倒産し、以前から借りていた事業資金の返済や税の支払いが困難となりました。

Aさんは従業員の方とともに、自分の給与も返上して仕事を続けましたが、このままでは生活が立ちいかなくなってしまうと、相談に来られました。

解決に至るまで

申立は、Aさんが会社代表であったことと、不動産(全て借入の担保となっていました)をお持ちだったことから、法人の破産の申立ても同時に行うことになり、個人の破産申し立てと併せて管財事件となりました。

弁護士は申立前にAさんの事業所を視察し、物件ごとの資産価値と負債を子細に確認し、管財人に引き継ぎました。

解決のポイント

法人破産と個人破産を一緒に申し立てる場合、資産と負債の調査が多くなるため、個人破産自体も長い時間とお手間がかかる場合があります。今回の事件では、1年をかけましたが、無事免責決定を得ました。

無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
お問い合わせ・ご予約はこちら

江原総合法律事務所予約番号

048-940-3971

受付時間:

平日 9:00〜18:00
平日 9:00〜18:00