自己破産手続の流れ

自己破産をするとなった場合、どのような工程になるのか下記を見て把握しましょう。
 
自己破産・免責手続の流れ(※裁判所によって運用が異なります。)

 

流れ
 
 
※管財事件とは
申立後に『破産管財人』を選任し、申立人の財産(不動産や自動車など)をお金に換えて(換価)、債権者に公平に分配する手続きをします。このようなケースを、破産管財人を選任することから『管財事件』といいます。免責不許可事由に該当する事由がある場合も管財事件になる可能性があります。
 
※同時廃止事件とは
申立人に高価な財産がない、お金に換えても債権者に配当する財産がないことが、申立時点で明らかな場合には、手続きを省略して、破産手続開始決定と同時に破産手続きを終了させる事件のことです。これを『同時廃止』といいます。
無料相談実施中 自己破産・個人再生・任意整理・過払い金を得意とする弁護士にまずお問い合わせください TEL:048-940-3971 受付時間:平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00

メールでのご予約も受け付け中です

  
  • 048-940-3971 受付時間 平日9:00〜22:00 土曜10:00~18:00
  • メールでのお問い合わせはこちら LINEでのお問い合わせはこちら